山村浩二作品アーカイブ YAMAMURA Koji Works Arichive | about | top |


制作:
ヤマムラアニメーション

支援:
文化庁


Produced by

Yamamura Animation

Supported by
Agency for Cultural Affairs,
Government of Japan

(c) Yamamura Animation
| 情報 | スチール | 予告編 | メーキング映像 | | Information | Stills | Trailer| Makig video |
カフカ 田舎医者(Kafka Inaka Isha)
原作:フランツ・カフカ
台詞:山村浩二

1  本当の道は一本の綱の上を通っているのだが、
2  綱が張られているのは高い所ではなく、
3  地面すれすれである。
4  それは歩かせるためというよりむしろ
5  つまずかせる為の物の様に見える。
6  ―フランツ・カフカ
7  私は困り果てていた。
8  本当なら、今すぐにでも出発しなければならなかった。
9  10マイル離れた村で、重病患者が、私を待っていたのだ。
10  馬を貸して下さい。昨日、死んでしまったのです。
11  馬車の用意をしようか?
自分の家に何がしまってあるか、分からないものですね。
プッ、ハッハッハッハッハ!
そーれ、兄ちゃん、そーれ、姉ちゃん。
手伝ってやりなさい。
このけだものめが。
鞭をくらいたいのか。
この男は赤の他人なのだ。どこから来たのかも知らない。
なにより、誰もが断るなか、すすんで私を助けてくれた唯一の人間なのだ。
さあ、乗りな。
フン、だが、御者は私だ。お前は道を知らないからね。
もちろん。
おれは一緒になんか行かねえ。おれはローザといるよ。
いや〜!
お前は私と一緒に来るのだ。
もし来ないというなら、切羽つまってはいるが、この旅はあきらめよう。
馬と引き換えに娘を差し出す気なんぞ、さらさらないもんでな。
さあ、行け!
先生、僕を死なせて。
そうさ。
こんな時になると、神々は救いの御手を差し伸べられる。
足りない馬をよこされ、急ぎの用だからと、もう一頭追加。
おまけに余計な馬丁まで授けてくださる ―
すぐに帰ろう。
やっぱりそうだ。
少年は健康なのだ。
心配性の母親が、コーヒーをしこたま飲ませたおかげで、
少しばかり血行が悪くなっているが、健康だ。
ひと思いにベッドからたたき出すのが一番なのだ
とはいえ、私にはこの世を改善する気なんかない。
だから患者は、このまま寝かせておく。
私は地区の雇れ医者にすぎず、自分の責務はとことんまでこなしている。
給料ときたらひどいもんだが、気前はいいし、貧しい者の味方だ。
ローザのことも、なんとかしてやらなくちゃいけない。
少年の言うとおり。私だって死にたくらいだ。
こんな果てしなく続く冬に、いったいどうしろというんだ!
私の馬は死んだ。
なのにこの村には、私に馬を貸してくれる者すらいないのだ。
私は豚小屋から馬車用の家畜を連れてこなきゃならない。
豚小屋にいたのが、たまたま馬だったからよかったようなものの、そうでなけりゃ、豚に乗って来なくちゃならないのだ。
つまりが、こうなのさ。
彼らはそんなこと、知る由もない。また、知ったとしても信じやしないだろう
処方を書くのは簡単だが、人々と気持ちを通わせるのは難しい。
とにかくこれで、診察はおしまい。
私はまたもや、無駄足を運ばされたってわけだ。でももう、そんなことにも慣れっこだ。
この地区の連中は、夜の緊急ベルをのべつ鳴らし、よってたかって私を苦しめるつもりなんだろう。
だが今回は、ローザまで犠牲にしてしまった。あの美しく、年若い娘。私の家に住みながら、ほとんどかわられることのなかった娘 ―
この犠牲はあまりにも痛い。私は頭の中であれこれと、一時しのぎの言い訳を考える。さもないと、逆立ちしたってローザを取り戻せないこの家族に向かって、殴りかかっていきかねない。
私は、ことによると、本当に少年は病気かもしれないと、認めてもいいような気がしてきた。
― ああ、今度は両方の馬が嘶いている。きっと、上からの命令か何かで、私が診察しやすいようにしているのだろう。
そうだ、少年は確かに病気だ。
あわれな少年よ。お前はもう助からない。私はお前のひどい傷を見つけた。その脇に咲いた花のために、お前は死んでいくのだ。
僕を助けてくれるの?
このあたりの連中はみんなそうだ。いつだって、不可能なことを医者に求める。
古い信仰は失われた。
さあ、どうぞ。お気に召すまま。私はそんな申し出などしちゃいない。
だが、君らは私を聖務にまで使おうとし、私も君らの言いなりだ。
私にどうしろというんだ。私は下働きの娘を強奪された、しがない田舎医者なんだ!
裸にしちゃえ、 そうすれば、ちゃんと治すことだろう、 もし治さなかったら、殺しちゃえ! たかが医者さぁ、たかが医者
ねえ、
僕あんたのことなんて、あんまり信頼しちゃいないんだ。だって、あんたはどこかで振り落とされただけ。ちゃんと自分の足でやって来たわけじゃないからね。
助けてくれるどころか、僕のベッドを窮屈にしに来ただけじゃないか。まったく、目ん玉をくりぬいてやりたいよ。
まったくもって。
面目ない。ともあれ私は医者だ。どうしようか?分かるかい、これはなかなか難しいんだ。
そんな言い訳で、僕に満足しろっていうのかい?ああ、そうさ。いつだって満足しなきゃならないのさ。素敵な傷を持って、僕はこの世に生まれてきた。こいつが僕の唯一の持参品ってわけだ。
若い友よ。
お前の欠点はな、視野が狭いってことだ。これでも私は、あっちこっちで、ありとあらゆる患者を診てきた。その私が断言するんだ。
お前の傷は、そうひどいもんじゃない。斧で二度、ざっくりと切り込まれたんだろう。森の中で、脇をさらしてしまう奴はけっこう多いんだ。
斧の音など聞いちゃいないし、もちろん、斧が近づいてきたことなんて、とんと気付かずにな。
本当にそうなの?それとも、熱にうかされた僕をごまかそうっていうの?
本当さ。この雇われ医者の誓いを携えて、あの世へ向うがいい。
少年は納得し、静かになった。だが、今度は私自身の救出を考える番だった。
さあ、行け!
子供たちの新しい、でも間違った歌が響いていた。
喜べ、患者たち、 お医者さんは、一緒にベッドで寝てくれた
これでは到底家にはたどり着けない。
繁盛していた私の診療所ももうおしまい。後の奴に乗っ取られる。
だが、役立たずもいいところ。私の代わりなど、できるはずがないのだ。
私の家では、あのいやらしい馬丁が、暴れまくっている。
生け贄は、ローザだ。
そのことはもう、考えるまい。
裸のまま私は、この悲惨極まりない時代の凍てつく空気にさらされ、この世の荷車を、この世ならぬ馬たちに引かせ、老いさらばえた身で、あちらこちら、さまよっている。)
だまされた!だまされた!
一度でも、間違った夜間ベルに応じてみろ ―
もう、取り返しはつかない。
Franz Kafka's A Country Doctor
ORIGINAL STORY Franz Kafka “Ein Landarzt”
Dialogue: Koji Yamamura
English translation: Ian MacDougall

1 ‘The true path goes by way of a rope...
2  ‘that is not stretched at any height...
‘but is just above the ground.
‘It seems meant more for one to trip on...
5 ‘than to be walked upon.'
Franz Kafka
7 I was at my wits' end.
8  In truth, I had to set out immediately.
9  In a village ten miles distant...
10  a seriously ill boy awaited me. Lend us a horse! Please!
11  Shall I ready your carriage?
12  You never know what you have in your house, do you.
13  Hey, brother! Hey, sister!
14  Go help him.
15  You brute! Do you want to taste my whip?!
16  I do not know where this man comes from.
17  He is a complete stranger.
18  But when no one else will help me...
19  he is the only one...
20  who will. Get in.
21  But I will drive.
22  You don't know the way.
23  Of course. I won't go with you.
24  I will stay with Rosa.
25  No!
26  You will come with me!
27  If you will not...
28  I will not make this journey, no matter how urgent it is.
29  I do not meann to give you the girl...
30  in exchange for horses.
31  Giddy up!
32  Doctor, let me die.
33  Yes. At times like this...
34  the gods extend a helping hand.
35  They send the horse I need... and a second because I am in haste...
36  then add an unwanted groom into the bargain.
37  #I will leave now.
38  #I knew it!
39  The boy is healthy.
40  It is only that his circulation is a little poor...
41  because his doting mother has filled him with coffee.
42  He is best driven from his bed with a shove. But I have no desire to better the world. 
43  So I will leave him as he is.
44  I am merely a doctor employed by the district.
45  I am carrying out my duty to the full.
46  I am badly paid... 
47  but I am generous, and a friend to the poor.
48  It is as the boy says. I myself wish I would die.
49  In this endless winter...
50  what am I supposed to do?
51  It is good that it was horses that happened to be in the pig-sty.
52  That's how it is.
53  But they know nothing of this.
54  And if they did, they would not believe it.
55  It is easy to write prescriptions...
56  ...but difficult to reach understanding with people.
57  #At any rate, my examination is complete.
58  Again I have been called out on a wasted visit.
59  But I am used to this.
60  Those of this village must ring my night bell...
61  only to torment me.
62  One way or another I must rationalize this to myself.
63  If not I will lash out at this family...
64  who are of no help to me.
65  What in God's name do they want of me?!
66  It may be that the boy is truly ill.
67  Ah...now both my horses are whinnying.
68  This must be instruction from on high...
69  making my examination easier.
70  Yes. The boy is definitely ill.
71  You poor boy! There's no help for you.
72  I have found your terrible wound.
73  From this flower in your side, you will die.
74  Will you save me?
75  Be my guest. Do as you will.
76  What do you want of me?
77  I am a mere country doctor...
78  robbed of my serving-girl.
79  ‘Strip him naked; if you do...
80  ‘then he'll heal.
81  ‘If he doesn't heal...
82  ‘kill him!  
83  ‘He's nothing but a doctor, nothing but a doctor...
84  ‘nothing but a doctor.' 
85  You know, I have no faith in you at all.
86  After all, you were just shaken out of somewhere.
87  You didn't even come on your own feet.
88  Save my life? You're just cramping my death-bed!
89  I'd just as soon scratch your eyes out.
90  You're right. It's a disgrace. 
91  But I am a doctor.
92  What would you have me do?
93:  It is not easy for me, either.
94:  Must I be content with an excuse like that?
95  Yes, I must. I always have to.
96  I was born into this world with a beautiful wound.
97  That is my only treasure.
98  My young friend...
99  your problem is that you lack vision.
100  I see patients of all kinds, in every place.
101  It is my opinion...
102  your wound is not so bad.
103  You were laid open with two blows of an axe.
104  In the forest there are many who risk their sides.
105  They neither hear the axe...
106  nor even notice that it is drawing near.
107  Is that true?
108  Or are you deceiving me in my feverish state?
109  It is true.
110  Take the word of a doctor, and rest in peace.
111  Now I must think of my own escape.
112  Giddy up! ‘O you who are ill, be glad!'
113  Their song is new... but mistaken. ‘The doctor has lain down with you.'
114  I've never come home like this before.
115  Betrayed! Betrayed!
116  Respond to a false alarm in the dead of night...
117  and it will never be made good again!
(C) Yamamura Animation / SHOCHIKU